MAUMAU日記

maurizio.exblog.jp
ブログトップ

セラピードッグ訓練会♪

銀座にある国際セラピードッグ協会の「ホームドッグ訓練会」に参加してきました。
MAURIをセラピードッグになんて、と~~ってもとても言えたもんじゃありませんが、セラピードッグのトレーニングって、家庭犬にとっても人間社会でのマナーを学ぶ上でとても有効なんだそう。
MAURIをいつもどこへでも一緒にスマートに連れて歩きたいな~と思っている私のような一般人にも、門戸を開いて下さってるのです。
あの名犬チロリを育てた大木トオル先生自ら、秘伝のハンドリングを教えて下さいます。

オヤツで釣るでもなく叱るわけでもなく、褒めて教えるという方針で、じっくり時間はかかるけど絶大な信頼関係を築けそう。
セラピードッグたちが堂々と自信を持って人間とコミュニケーションしている様子を見れば、その結果は一目瞭然。
やっぱりオヤツ目線じゃない信頼の目線が欲しいよ~!

今日の初級受講は11ワン。
半分くらいが経験者かな~。
b0032175_0253022.jpg
MAURIさん、初めて会う犬だらけの会場で、邪魔せずリラックスして存在しているということが一大課題なのだと再認識・・・
絶えず触ったりして私に注意を向けてないと、他の犬が気になって仕方ない・・
経験値もあるだろうけど、正解を伝えられてない自分を反省です。

b0032175_0263625.jpg
現役のセラピードッグ達が登場!
今どうするべきかということをしっかり理解して堂々と安心して過ごす犬達が会場に加わると、それだけで雰囲気が変わる。
あちこちでワンワン言ってたのが収まる。
犬の同調性恐るべし!

b0032175_0292085.jpg
初級はウォーキングマナー。
お手本を見せてくれるセラピードッグたち。
みんな保健所から殺処分スレスレを保護された様々な過去を持つ犬達です。

b0032175_0363760.jpg
こうやって杖をつきながら超スロゥなリハビリペースで歩いても、しっかり付き添うようにペースに合わせてくれる。
こうやってワンコにお供されてれば、リハビリの散歩もやる気が出ちゃうだろうな~としみじみ思う。

今まで盲導犬を始め、こうやって仕事を持つ犬たちを間近でじっくり見たことがなかったけれど、カッコイイ!
今こうするべきと理解して、誇りを持って動いてる。
ひとしきり色んなペースで歩いた後の褒め褒めタイムでは本当に素ではしゃぐセラピー犬たち。
セラピー犬もそれぞれ個性があって、その個性があってこそ親しまれるんだそう。
ロボットのようなただ命令に従う犬として使役犬を育ててるんじゃない。
なんかすごく納得。

b0032175_0391945.jpg
受講者が2組に分かれて、同じようにヒールウォーク、ギャロップ、杖を使ってリハビリ歩き、シット、ダウンなどを体験。
できなくても無理強いされないし、多頭数での訓練効果で雰囲気が出来上がり、なぜかそれなりに形になる。
大木先生の励ましが嬉しい。
飼い主までその気にさせられて英語でのコマンドも躊躇無く言える・・・

b0032175_0504343.jpg
3doglifeさんのお散歩会のお陰で(教えの根底が一緒なので)下地が出来てるハズ!?のMAURIさんでしたが、なぜか始終尻尾は下がったまま歩いてました。
とりあえずダウンステイまでクリアしてお互い一息・・・(笑)

b0032175_055624.jpg
お疲れさまでした♪
今MAURIに必要なことが見えてきた訓練会。
初級でも中級でも、とにかくこういう場を経験させてもらいたいので、また参加するつもりです。
頑張ろうね♪
[PR]
by makipika78 | 2007-09-01 23:02 | 健康・しつけ